就活面接で全落ちしてしまったときにすること【持ち駒全滅】

先に言っておきます。
就職活動の面接で全滅している人はいっぱい居ます。
電車で隣に座っているサラリーマンも面接全落ち経験者だったりします。
この記事にたどり着いたあなたは、今は絶望的な気分かもしれません。
ですが、現状に対してどう動けるかで就活の最終的な結果は大きく変わってきます。
そこで今回は、面接がすべてだめだったときにするべきことを紹介していこうと思います。

・気持ちを切り替えて他の企業を探す
・面接練習を受けてみる
・就活方法を変えてみる

気持ちを切り替えて他の企業を探す


就職サイトで検索してみると、数え切れないくらいの企業がヒットするはずです。
あなたが、これまで面接を受けてきた企業の何を重視していたかを振り返りながら、もういちど条件を満たす企業を探してみて下さい。
それから、新たなサイトに登録することもおすすめします。
これまでの就活サイトだけでは見つからなかった情報も出てくるはずなので、是非是非いろんなサイトから探してみて下さい。
こうして企業を探すこと自体が、就活の軸の明確化や、将来やりたいことの追求にも繋がるはずです。

面接練習を受けてみる


面接練習はいろんなところで行われています。
自分の大学で開催されている場合は、もちろんそれらを利用しても良いですし、就活支援サイトが独自に行っている面接練習・講座もあります。
意外なところでは、ハローワークでも新卒支援の講座や求人紹介を盛んに行っています。
また、たいていはどの面接講座も無料で利用することが出来ます。
面接講座というと少し怖い印象もあるかもしれませんが、受験者を選ぶための面接とは違い、受講者に協力するためのものですので安心して足を運んで下さい。
客観的な意見があると、面接対策も非常にしやすくなるものなので、是非行ってみてほしいです。

就活方法を変えてみる


これまでの就活方法と言えば、

企業を探す
→書類選考のためにエントリーシートや履歴書を書く
→複数回の面接を受ける

という手順で進んでいったと思います。
ですが就職するための方法は一つではありません。
これまで中々内定が取れなかった人でも、スカウトサイトやエージェントサイトを使えば選考を有利に進められるということは多いです。それに選考過程が短くなって楽ですしね。
いま就活に行き詰まりを感じている人は、他の方法も探してみましょう。

まとめ

面接が全滅した、ということは就活に追われていた予定が一段落した、と言うことでもあります。
そんなときは、おいしいものを食べたり、日帰りで温泉に行ってみたり、自分のためのことをしてみるのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする