男性で事務職として採用されるには?事務系志望の男子就活生向け


文系の男子大学生は営業職種を志望して就活を行っている方が非常に多いですよね。
ただ、求人数の多さから営業職に応募してはいるものの、本当は経理や法務のようなデスクワークを志望している方もいることでしょう。
最近では一般職の説明会に男子学生の姿を見かけることも多くなっています。
そこで今回は、男子大学生が事務系職種で就職するにはどんな所がポイントになるのかを場合別で見ていきたいと思います。

・法務や経理の場合
・一般事務職の場合
・事務系一括採用の場合

法務や経理の場合

一口に事務職と言っても、法務や経理といった専門的な分野は、職種別採用を行っている場合があり、もちろん男性が採用されることも多いです。
これらの職種は、転職の場合は資格や実務経験が応募条件となっていることも多く、新卒採用でも資格を持っていることが有利に働きます。
経歴として認められると言うよりは、面接官に熱意が十分であると受け取られるためです。
同じ「経理をやりたい」でもそのための資格を持っているかいないかでは説得力が違いますよね。
経理部門に興味がある方は簿記3級、法務部門に興味がある方はビジネス実務法務検定2級などを目標として勉強を初めてみてはどうでしょうか。

一般事務職の場合

一般事務職の場合、求人票には記載していませんが、女性の採用を希望している企業が多いです。
なので、一般事務職を希望する男子就活生の方は少し厳しい戦いになることを覚悟しておいてください…。
ただし、いわゆる事務職でも経理事務や法律事務のように専門要素を含む場合や、小さな会社で何でも担当する一般事務などは男性でも採用されやすくなっています。
一般事務系の仕事を探している方は、上記の特徴を参考に求人を探してみてください。

事務系一括採用の場合

また、内勤の職種を目指す方法の一つとしては、事務系一括採用の求人を受けるというのも考えられます。
これらの職種は事務系総合職と呼ばれており、採用の際に女性が有利だったり、男性が有利だったりすることはまずありません。
採用後に新入社員を各部署に割り振るという方式ですが、事前に面談などもあり、ある程度自分の志望する業務への割り振りを考慮してもらえます。
ただし、もちろん自分の希望していなかった部署に配属されることもありますし、一括採用を行っている企業は数年単位で転勤があることも多いです。
新卒採用の場合一番やりやすい方法かとは思いますが、自分のやりたい仕事が出来そうかどうかはしっかり見極めて応募しましょう。

まとめ
事務系職種で活躍されている男性はたくさんいますし、志望するに当たって周りの目を気にする必要などは一切ありません
全体に該当する注意点としては、事務系職種はそもそも採用人数が少なく、その割に人気が高いので、内定を取るのも簡単にはいきません。
しっかり志望動機や将来のビジョンを固めて、選考に挑んでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする