就活でぺたんこパンプスやバレエシューズはOK?説明会・面接でも履いていい?


就職活動時の服装って相当疲れやすいですよね。
スーツやストッキングは夏場でも暑苦しいし、タイトスカートは動きづらいし、慣れないパンプスで慣れない土地を歩くのも一苦労です。
できることなら、長時間履いていても疲れないぺたんこパンプスバレエシューズで活動したいところ。
そこで今回は、バレエシューズ・ぺたんこパンプスはどういう場合ならOKで、どういう場合ならNGなのか、場合分けしてご説明したいと思います。

・「私服でお越し下さい」と言われた時は
面接、説明会を問わず「私服でお越し下さい」と言われたときは、もちろんぺたんこパンプスやバレエシューズを履いていってOKです。
私服と言っておきながら本当はリクルートスーツじゃないとダメ!なんて企業は滅多にありませんのでご心配なく。
「私服でお越し下さい」と言われたときは、ちょっと落ち着いた格好で行く人が多いと思いますから、ぺたんこパンプスやバレエシューズはぴったりですよ。

・合説、学内説明会の時は
合説、学内説明会の際もぺたんこパンプス、バレエシューズを履いていって大丈夫です。
ブース形式になっていますから、足下なんてほとんど見えませんし、企業も就活生のデータ集めと宣伝に来ているだけなので、そこまでかしこまる必要はありません。
周りに比べて浮くかも…と心配な方は黒いぺたんこパンプスならほとんど浮かないのでおすすめです。

会社説明会、座談会、リクルーター面談の時は

会社説明会に関しては、黒いぺたんこパンプス、バレエシューズならOKだと思って下さい。
合説などと同様に、説明会の段階では就活生1人1人の姿はそんなに見ていませんので、違和感を覚えるような服装でなければ大丈夫です。説明会段階だと、ぼんやりしていてスニーカーで来る人も居るくらいですしね。
座談会・リクルーター面談は一応選考の一部にはなるのですが、これらの選考の担当者は若く、会場もカフェやレストランなど気軽な雰囲気で行われることが多いので、黒やスーツに合わせた色のバレエシューズでOKです。

・面接の時は
面接に関しては、就活生の服装や姿勢も結構見られているので、リクルート用のパンプスを履いていった方が無難です。
万が一、面接で落ちてしまったときに「あの靴がいけなかったかな…」と思うのは嫌ですからね。
ただ、面接を担当するおっちゃんたちは、そんなに女性の靴の違いなどは分かりません。
もしも、うっかりぺたんこパンプスを履いてきたとしても、どっしり構えていれば良いですよ。

・おすすめのぺたんこパンプス、バレエシューズ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする