新卒生向けハローワークの利用方法!職安を使う際の注意点など


ハローワークというと、新卒生にはちょっと近寄りがたいイメージがあるかもしれませんが、求職者全般に対して支援を行っているのでもちろん就活生でも利用できます。
転職の際にハローワークを利用した、と言う人は多いみたいですね。

下記では、就活生がハローワークを利用する際に気になる点をまとめています。

・ハローワークでできること

・求職申込

初めてハローワークを訪れた際は、求職申込書へ記入をすることになると思います。
求職申込書には、年齢や住所など基本的な情報の他に、希望職種や労働条件なども記入します。
これらのデータを元に、求人情報が郵送されてくることもありますよ。
申込書を提出したら、ハローワークカードがもらえます。

ハローワークカードは紹介状を貰ったり、相談をするときなどに必要となるので大事にとっておきましょう!

・求人検索

ハローワークにいくと「情報閲覧」と看板が掛かったところにズラーッとパソコンが並んでいます。

ここのパソコンでは、ハローワークに出されている求人情報を全て見ることが可能になります。

家のパソコンやスマホからでは求人情報の一部しか見られないということもあるので、求人情報を探したいという人はぜひ足を運んでみましょう。

・就職相談

また、ハローワークの窓口では、就職に関する相談も受けられます。
面接や書類の書き方などの相談の他に、ハローワークの求人情報の詳細なども聞くことが出来るようです。

ハローワークでは面接練習や合同説明会なども開催しているので、相談を通してそれらの案内を受けることもありますよ。

・近くのハローワークでも良い?

基本的にどこのハローワークを利用しても、上記と同様の手続が受けられますし、就職相談にも乗ってもらえます。
ただ、住宅地付近にあるような小さいハローワークの場合、職員数が少ないことから「待ち時間が長かったり、新卒向けの就職相談に乗ってもらえない」などの可能性もあります。
ちなみに見られる求人情報などは、どこのハローワークでも変わらないので大丈夫ですよ。

・新卒応援ハローワークって何?

普通のハローワークは「求職者全般」向けの支援を行っているため、就活生に対しては手薄感が否めないのですが…

新卒応援ハローワークでは、新卒生・既卒生のような「就活生」を中心とした支援を行っています。
求職者申込や求人情報閲覧は普通のハローワークと変わりませんが、

・新卒学生向けの相談員が多い
・説明会などの新卒生向けの情報が豊富

という特徴が有ります。
利用者も同年代ばかりなので、新卒応援ハローワークの方が気軽に入れるかもしれませんね。

・注意点

ハローワークの一般向け求人に対して、新卒向け求人の割合はかなり少ないです。
また、一般向け求人には「経験年数」などの制限が設けられていることも多く、新卒学生は応募させてもらえないこともあります。

ハローワークは身近にあるのでとても利用しやすいのですが、新卒生向け求人数のことを考えると他媒体からも情報収集は十分に行った方がよさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする