就職先が決まらない・不安な方へ 割と内定が決まりやすい方法


就職が決まらなくて不安…
こんな気持ちを持っている人に「気にするな」とか「なんとかなる」というのはあまりに無責任ですよね。
今回は、なかなか内定が決まらない人に向けて、さっさと就活を終わらせるために実践してほしいポイントを解説していきたいと思います。

・むやみに応募は絶対NG

内定が中々取れない状況は焦ります。

その焦りから、むやみやたらと求人へ応募してしまう就活生はとても多いです。

そして、面接の段階になってふと「なんでこの企業に応募したんだろう…」と冷静になってドタキャンすることになったりします。

これらの行いが無駄なことだとは思いませんが、あなたの大事な時間もお金も削られているのは事実です。

ちゃんと「自分が働いてもいいかどうか」を応募の時から意識するようにしましょう。

・受かりやすい求人から探す

なかなか内定が取れず悩んでいる人は、志望業種の求人の中でも「受かりやすさ」に注意して求人を探してみてください。

例えば、複数のメディアに求人情報を載せていない会社などは、求人を見る人が少ない分、自然と応募者の人数も減ります。

また、「欠員募集」となっているところでは、すぐに働ける既卒生の採用率は高いです。
求人を探すときはできるだけ多くの情報源を元に、志望業種の受かりやすい求人を見つけてみましょう。

・誰かに相談して抱え込まない

今この記事を読んでいる人の中には、「就職が決まらなくて不安」な気持ちを一人で抱え込んでいる方もいると思います。

こういう話って家族とか友人とかには本っ当に話しづらいんですよね。
私もその経験者の一人です。

ただ、自分で抱え込んで無理やり解決を図ると「全然興味の無い会社」に就職する羽目になったり、「いつの間にか派遣契約を結ばされたり」、事態の悪化を招くころも多いです。

今就活で悩んでいる人は、大学のキャリアセンターや就活エージェントなどプロの相談役を是非活用してほしいです。

相手は仕事ですから、あなたの話をしっかり聞いて一緒に打開策を考えてくれますし、あくまでも仕事ですから、あなたの人間性やプライベートにズカズカと踏み込んでくることはありません。

合わない人だな…と思ったら他の人に頼めば良いだけですしね。

誰かに道筋を示してもらえると、不安だらけの就職活動でも多少、歩きやすくなるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする