面接・説明会でのばっくれはブラックリストに載るのか?謝罪メール例文付き【就活】

就職活動は忙しいものですし、焦って複数の企業にエントリーしたりすると、直前になって「やっぱ行きたくない」と思うこともありますよね。

そこで、ばっくれというなかなかの手段をとってしまう人もいるはず。

ばっくれ直後は気分も爽快なんですが、だんだん時間がたってくると、

「やっぱりあの企業の選考受けたかったな…」

とか、

「同業社のブラックリストに載るんじゃないかな…」

とか、いろんな不安がフツフツと沸いてくるんですよね…

今回は、説明会や面接でばっくれた後の不安や対処法についてお答えしていこうと思います。

・ブラックリストに載ることはある?

説明会や面接をばっくれたら、同業者やグループ企業のブラックリストにのるのでは…!?
という不安はしばしば聞かれますが、それはありません。

考えてもみてください。たくさん応募してくる新卒学生の中で、ばっくれをした、たった一人の学生の情報をチマチマ他社と共有している暇な会社があると思いますか。

なので、同業他社やグループ系列企業の選考には気にせず応募して大丈夫です。

ちなみに、ばっくれてしまった企業からは「選考辞退」とみなされて、通常再応募は出来ませんので気をつけましょう。

・説明会・面接でのばっくれはどう思われている?

説明会でのばっくれは、意外なほどに気にされていません。

というのも、説明会はまだ選考ではありませんから、担当者も学生一人一人のことを認識できていません。
「大勢の中の一人」状態なわけです。

そのため、説明会後に体調不良などの理由を述べて謝罪をすれば、もう一度説明会に参加させてくれる企業がほとんどです。

一方、面接に関してはばっくれてしまうと相当な悪印象を受けます。

就活生一人のために、場所や人数、時間も調整しているのですからそれらを台無しにされたらそりゃあ嫌がりますよね。

企業によってはもう一度面接の機会を設けてくれるところもけっこうありますが、あくまでマイナスからのスタートです。

行くかもしれない企業の面接は、冷やかしでも何でも良いので取敢えず足を運んでおきましょう。

・その企業の選考をもう一度受けたくなったら?

もしもばっくれてしまった企業の説明会にもう一度行きたい、面接を受けたいと思った場合は、一刻も早く連絡をしましょう。

当日中なら、電話をかけて謝罪するのが手っ取り早いと思いますし、それ以降なら担当者も何の件かわかりにくいのでメールの方が無難です。

ただ、面接のばっくれに関しては、連絡を入れても返信が無かったり、「残念ながら又の機会に」と言われるところが多いです。もしもダメだったら開き直って他の企業を探しましょう。

メールを送る際の例文は以下の通りなので、参考にしてみてください。

株式会社○○
人事部 鈴木様

お世話になっております。
御社の選考に参加しております、△△大学経済学部の佐藤と申します。
本日、御社にてお願いしておりました面接(説明会)ですが、昨夜からの高熱続き身動きがとれずお伺いすることが出来ませんでした。
せっかく機会を設けていただいたのにもかかわらず、大変なご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ありませんでした。
また、連絡もなく欠席をしてしまったことについても重ねてお詫び申し上げます。
厚かましい考えで恐縮ではございますが、もしもう一度機会を頂けるならば是非とも御社の選考に参加させていただきたく思っております。
ですが、何よりこの度の非礼を謝罪させていただきたくご連絡差し上げた次第です。この度は本当に申し訳ありませんでした。

△△大学 佐藤 太郎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする