そもそも面接官って何?権力があるの?ムカつく面接官達の実態


面接官ってムカつきますよね

そもそも一介の会社員のくせに、「面接官役」を貰っただけで何を偉そうにしてんだ?
と思いますよね。

私も当時はそう思っていました…。

そして今ももちろんそう思います。

社会人になって、採用に関わったりして、「企業側の就活」を知れば知るほど

「なあーんだ!みんなたいした人間じゃねえじゃん!」

と思うことがたくさんありました。

今回は、怒れる就活生のあなたに、面接のくだらなさを伝えるべく記事を書きたいと思います。

・1,2次選考の面接官は「調査員」

中規模から大規模な企業の面接の場合、1次や2次面接の面接官に採否の決定権はほとんどありません。

たいてい、面接中はメモをとられると思いますが、あれこそが面接官の目的なんです。
面接が終わると、一人一人の志望者のメモを持ち寄り、合格者を決める「会議」を行います。
ここでやっと採否が決まるんです。

つまり面接官はデータ収集役ですね。
明け透けな物言いをしてしまうと、町中でアンケート調査やってるアルバイトの子たちとたいして変わりませんよ。

・面接官は社内公募の時も

初期の面接は人事部の人が請け負うことが多いですが、中には公募で面接官が決まる会社もあるようです。

こうした場合、「面接官の役割」は中々人気があるようなんです。
なのであなたの目の前で偉そうにしていた人は、抽選に受かっただけの人ということもあり得ます。

会社員は、なんやかんや言って普段の裁量権はそこまでなく、上の命令次第なところがありますから、「面接官」という人を評価できるような絶対的な立場は気持ちが良いのかもしれませんね…。

・会社役員は伝言ゲームのアンカー

最終面接でお目見えする会社役員には、応募者達の情報が資料として渡されています。
この資料は、履歴書とこれまでの面接官のメモ、会議結果のメモをもとにまとめられています。

つまり、社員達を通した応募者の情報しか知らないんですよね。いわば伝言ゲームの最終バッターです。
そのため運が悪ければ変な事前知識を持たれていることすら有ります。

偉そうに見える役員達も、実は手探りで面接をやっているに過ぎないんですよ。

まとめ

偉そうでムカつく面接官達ですが、実態はこの程度のもんです。なので怯える必要はありません、堂々と行きましょう。

個人的な感想として、選考過程が長いと間にムカつく面接官が挟まる確率が高いので、選考が短めの企業なら不快感無く就活を進められるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする