就活はいつから始めれば良いの?5月・6月からじゃ遅いってホント!?

こんにちは。
今日は就活っていつから始めれば良いのか?という点についてお話ししていこうと思います。
大手就活サイトは3月が始めるやいなや就活スタートダッシュだ!と学生達を煽り立て、その後7月になっても10月になっても12月になっても、まだ間に合う!といって某進研ゼミの如くダイレクトメールを送ってきますよね。
じゃあ一体いつなら間に合わないんだよ!?と思ったのも記憶に新しいです。
先に結論から言っておくと、いつ就活を始めても早すぎることもなければ、遅すぎて間に合わないということもないんです。
これでは質問の答えになっていませんので、ここでは就活を始めるのにおすすめな時期をメリット・デメリットとともに紹介していこうと思います。

・ベーシックな3月1日から
・すぐに決めたい人にお勧め!6月1日から
・二次募集が多くなる!10月1日から

ベーシックな3月1日から

まずはありきたりですが、3月1日の就活開始は誰にでもお勧めできると思います。
3月1日に始めるメリットとして、3月中は開催される説明会の数が多く、スケジュールが非常に組みやすい、という点が挙げられます。また、学生の方は春休み中なので、企業の情報を集めたり、自分の業界を絞ったりするのにも十分な時間が使えます。
なにより、この時期に就活を開始する学生が最も多いので、情報交換が活発に行われるのもこの時期になります。この時期に就活を始める人は、気軽にOB訪問を申し込んでみたり、学内セミナーに参加してみたりしてもいいかもしれませんね。

メリット
・説明会が多く開催される。
・春休み中に企業研究や自己分析が出来る。
・多くの人が同時期に始めるので情報交換が容易

3月1日はまさに王道!といった雰囲気の就活開始日ですが、実はこの時期に就活を始めることならではのデメリットもあるんです。
まず、3月1日に就活を始めると、説明会の数が多いだけにどうしても予定を詰め込みすぎてしまう傾向があるんです。大学時代の友人は、アルバイトをやりながら連日説明会に赴き、結果3日ほど風邪を引いてしまったことまでありました。
興味のある説明会に行くのも良いことですが、入れる会社は結局1社だけですから、日常生活に差し支えない程度に予定を組んでいくことが大切ですね。
行くべき説明会と行かなくてもいい説明会についてはコチラ!
また、どうしても就活にのめり込みがちな時期であるため、春休みが明けても学校や部活を意識しにくくなる人も多いです。4月の終わり頃から就活を理由にゼミに来なくなってしまう人も多く、それはそのまま卒論の提出可否にまで繋がっていました。

デメリット
・就活中心の生活になってしまいがち
・予定を詰め込みすぎて体調を崩しやすい

まとめとして、3月1日に始める人は、周りに流されないように、自分のしたいこと、行きたい場所にこだわって就活することを胸にとどめておいてほしいです。(これは自戒でもあります…私も散々流されていました(笑)。)

すぐに決めたい人にお勧め!6月1日から

6月1日といえば名目上の就活解禁日。
6月に始めたんじゃあもう遅いのでは?という人もいるかもしれません。ですが実際にサイトや就職課をのぞいてみると、企業説明会は何個も開催されていることがわかります。この時期に開催されている説明会の特徴として、選考組み込み型のものが多いことが挙げられます。つまり、説明会と1次選考が一体になっているので、わざわざ就活のために足を運ぶ回数を減らすことが出来るわけです。また、大学に来て説明会を行っている企業などは採用意欲も高く、特別ルートをもうけて選考を行っている場合もありますよ。
また、就活相談などを利用する場合も、3月4月の人混みに比べて一段落ついており、一人一人に対して時間をかけられるようになります。丁寧にカウンセリングを受けたい方にもおすすめの時期ですね。

メリット
・選考に掛かる手間が省きやすい
・採用意欲の高い企業が多い
・就活相談などを利用しやすい

この時期に就活を開始するデメリットとしては、6月までに内々定を決めている人が多く、気持ち的に焦りやすい時期であることが挙げられます。ほんとは周りの人の就活状況なんて気にする必要はないんですが、どうしても気になってしまうんですよね。
また、6月までに実質的な選考を済ませてしまっている企業も多いです。6月に就活を開始したいと思っても、入りたい企業がある人は3月前からチェックしておきましょうね。

デメリット
・内々定が決まった人も増えてくる時期なので気持ちが焦りやすい
・6月には既にほとんど選考が終わっている企業もある

二次募集が多くなる!10月1日から

10月1日というと世間は内定式の話題で持ちきり。こんな時期に就活を開始しても良いの?ということですが、実はこの時期には大企業の二次募集が多く出されています。留学生向けなどといわれることも多いですが、一次で募集しそびれて応募する人も多いですし、そこから内定をつかみ取った人もいます。
3月以降ではこの辺りの日が最も新卒向け求人が増える日ではないでしょうか。
また、そうした募集の増加に合わせた学内セミナーや就職相談会なども多数開催されており、なかなかやる気が出なかったんだけど、就活を始めたいなという人には絶好のチャンスかもしれません。

メリット
・大企業の2次募集などが多い
・学内セミナーや相談会が多く開催される

10月1日に就活を始めることのデメリットといえば、やはり周囲に内定が決まっている人が多いことのプレッシャーです。こんなプレッシャーも感じる必要はないんですが、どうしても人の状況は気になってしまいますよね。他にも両親からの期待もあったりで…、周囲に気を遣う人には難しい時期かもしれません。
また、この時期になると面接などで「どうしてこの時期まで就活をしていなかったのですか」と聞かれることも増えてきます。そんなの人の勝手だろ!といいたいところですが、聞かれてしまうものはしょうがありません。
真っ当な理由がある人はそれを話し、なんとなく今始めた、面倒で後ろ倒しにした、という人は真っ当な理由をこしらえましょう。
>「どうしてこの時期まで内定がないの?」と質問されたときの適当な理由

デメリット
・周囲が内定を得ているのがプレッシャーになる
・面接で嫌な質問が増えやすい

まとめ

このように就活を始めるのに適した3つの時期を紹介してきましたが、本当に適しているのはあなたが素敵な企業に出会ったとき、あなたが就活をしようと自分から思ったとき、この時に限ります。
就活で悩んでいる人は、上記の時期は参考程度に、自分らしく就活を進めていってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする